プローブの使い方

プローブには、直流テスター(+と−)のように極性(NとS)がありますので、プローブの測定面に注意して使用してください。


<F−1,FS−3,FS−4,FS−5型プローブ>
プローブの黄色にマーキングされた面を上にして、測定物(磁石など)が図の状態のときに極性(N)として測定表示されます。 フラット1〜5型
<FS−6,FS−7,FS−8型プローブ>
図の測定状態のときに極性(N)として測定表示されます。このプローブはギャップに挿入して(狭隙用)測定するためのものであり、端面磁界測定には不向きです。 フラット6〜8型
<A(アキシャル)型プローブ>
図の測定状態のときに極性(N)として測定表示されます。センサーの位置はプローブ表面から0.2mm〜0.6mmの所にあります。 アキシャル型